下は、UserForm3 の TextBox12 に入力した文字を、「更新情報.txt」というファイルの1行目に書き出しています。
このテキストファイルは用意しておく必要はなく自動作成されます。
ユーザーフォームの「OK」ボタンや「Close」ボタンに書いておけばよいでしょう。


    Open ThisWorkbook.Path & "\更新情報.txt" For Output As #1
    Write #1, UserForm3.TextBox12.Value
    Close #1



下は、ユーザーフォームを表示する際に、ユーザーフォームのイニシャライズに書き込んでおきます。
ここでは、UserForm3 の TextBox12 に、「更新情報.txt」の1行目から読み込んで表示しています。
(もし「更新情報.txt」が無ければ、何もしません)


    Dim strFName As String
    Dim myPath As String

    strFName = ThisWorkbook.Path & "\更新情報.txt"

    If Dir(strFName) = "" Then
    Else
        Open strFName For Input As #1
        Input #1, myPath
        TextBox12.Value = myPath
        Close #1
    End If
    
End Sub


これによって、どのブックを使っても、UserForm3 の TextBox12 には同じ文字が入ります。

また、TextBox12 の文字を書き換えると、「更新情報.txt」の1行目が書き換わりますので、どのブックを開いても同じ文字が表示されます。